うつ病

うつ病 心理学的成因仮説

何故うつ病を発症するのか、を説明する成因仮説としては、生物学的仮説や美認知行動の立場からなど、様々な仮説が唱えられていますね。
心理学的仮説もそのひとつだそうです。
心理学的仮説の主なものに、病全性格論がありますよね。
病前性格、発症前の本人の性格がうつ病にかかりやすくしているという仮説だそうです。
次の3つの性格が挙げられています:

◆メランコリー親和型性格
◆執着性格
◆循環性格

メランコリー親和型性格

ドイツの精神科医テレンバッハが提唱する性格だそうです。
秩序を重んじ、几帳面で律儀です。
生真面目、融通が利かない、という特徴を持ちます。
この性格の持ち主は、反復性のないうつ病を呈するといわれます。
あがり症 克服

執着性格

日本の下田光造が提唱した性格だそうです。
仕事熱心で几帳面、責任感が強いなどの特徴を持ちます。
こういうような病前性格を持つ場合、反復性のうつ病、躁うつ病を発症する可能性が高いとされます。

循環性格

クレッチマーが提唱する性格だそうです。
社交的で親切、温厚な性格だそうです。
その反面、優柔不断で決断力に乏しい為に、社会の様々な場面で板ばさみにあいますね。
躁うつ病の病前性格のひとつではないか、といわれます。

うつ病の概念や、社会状況は変化するのなか、実際にはこういうような性格に該当しない人たちのなかにもうつ病を発症する人が増加していますね。
こういうような性格を持っているというのみではのうつ病の発症を説明できないことは明確でしょう。

うつ病 心理学的成因仮説関連エントリー