2010年秋花月園運転会(Part 1) (2010年11月6,7日)

 11月6,7日の両日、毎年恒例のりゅーでん氏主催の花月園運転会@修善寺に参加してきました。

 今回は日帰りの方もありましたが、初参加の方3名とご家族参加1組を含む計23名の方が集まりました。いつもながら大変濃い楽しい時間を過ごさせていただきました。

 ちなみに今回の運転会のお題・大集合は「非営業車(事業車・職用車など)」、それに加えプチ集合として「凸電」「C58」「飯田線」もあり、多くの車輌が集まりました。


 また今回は、

りゅーでん幹事が花月園運転会を主催されてちょうど10年の節目

ということで、参加者有志よりの感謝のイベントも行いました。


 私の好みで撮った車輌が中心ですが、雰囲気を少しでも伝えられればと思います。いつもながら撮りもらした車輌も多く、ご紹介できなかったオーナーの皆さま、ご容赦下さい

 例によって写真の量が多いので、まずはお題やプチ集合以外の車輌から紹介します。

Part 1 (本線走行編)Part 2 (プチ集合&飯田線電機編)へPart 3 (お題(事業車・職用車etc.)編)へPart 4 (飯田線他旧国編)へ


 まずはりゅーでん幹事への謝恩イベントの様子から。

 まずは長年にわたり幹事をして頂いたことに対して感謝状の贈呈、続いて、幹事ご本人並びにご家族に対しての感謝の品の贈呈を行いました。

 写真は感謝状の贈呈の様子。

 最後に、テープカットを行い、

 りゅーでん幹事所有の「流電」を走らせて感謝イベントを終了、正式に今回の運転会の開幕となりました。

 まずはこばやし氏のD51の牽く貨物列車。

 途中に拙作の10輛のトラ90000を挟んで走らせてもらいました。

 次はEF62が牽く短い貨物列車。

 機関車も貨物も共に鉄重氏がしっかりウェザリングを施されたもので、なかなか実感的です。

 続いて拙作、EF5845の牽く青大将編成。

 2-3年前にも一度持ち込んだのですが、その際には調整が悪く全く周回できませんでした。今回、重量バランスなどを調整した結果、まだ脱線しやすい車輌はあったものの無事走らせることができました。

 ぼおるどういん氏とりゅーでん幹事のC61、C60の重連が牽く20系ブルトレ。

 かつての東北本線の特急「はくつる」のイメージです。

 同じ編成をこばやし氏のC58が牽くところ。

 20系フル編成を天プラC58単機では少し厳しいようで、勾配部では激しくスリップしていました。

 さらには拙作KATO改のEF58ブルトレ色にも牽かせて頂きました。

 私のものが続きますが、EF58の牽く荷物列車。

 EF58の次位には、ぼおるどういん氏のマニ30がつながって、往年の現金輸送列車のイメージです。

 実はマニ30の後ろにはマニ34もつながっていて、新旧の現金輸送車の競演となりました。

 編成の一番最後には、テールライトの点灯加工をしたエンドウのワサフ8000をつなぎました。集電加工のせいで非常に転がりの悪い重い車輌になりましたが、脱線することもなく走らせることができました。

 更に編成を少し組み替えて、KATO改のEF5860にも牽かせてみました。

 カンタムC62の重連の牽くニセコ編成。

 DCC制御での運転でした。やはり音の出る蒸機はよいです。

 同じ編成をカンタムD51が牽きます。

 M.M氏がDCCサウンドを組み込まれたEF64-1000が牽くブルトレ。

 ブロワー音と共に汽笛も鳴り,音へのこだわりが感じられるものでした。

 ヤードに停まる永鉄社長氏の青い京急と夢空間をつないだブルトレ編成。

 その奥には貨物列車を愛するりゅーでん幹事の、2軸貨車ばかり50輛つないだ貨物列車も留置されています。

 今回、比較的蒸機の数が少なかったようで、いつもは蒸機がたむろするヤードの一角が,DD51に占拠されていました。

 その中にはトップナンバーや初期型も有り、ウェザリングを施されたものもありました。

 また後ろには、よこやま氏作のお題のサヤ420が阪S氏のED73と連結されて留置されていました。

 テーブルに並べられたDD54とDD53。

 後ろにはDD53のロータリーヘッドとDD20も見えています。

 東ウラ氏のニューレッドアロー西武10000系とぼおるどういん氏のDD13の牽く12系。

 この12系はDD13とDD15のプッシュプルになっていたのですが、DD15の方は撮り忘れてました。

 こばやし氏の117系

 関西の新快速用としてデビューした車輌で,その後東海地区などにも展開されました。

 個人的には最近気になっている車輌です。

 こちらはM.M氏の方向幕も点灯する485系。

 F沢氏のサンライズ瀬戸。かっこいいです。

 kou氏のキハ52系塗装違いの3連。

 先ほどもでてましたが、西武10000系とよこやま氏作のオレンジの旧型国電。

 先ほど奥に見えていたマッハ愛甲氏作の東武7800系。

 ヤードの後ろにはいつもの永鉄氏の青い京急も見えます。

 こちらはtoshi氏の東武7800系。今年の紙成り模型塾でもおなじみです。

 大福氏の南海30000系新こうや号。

 こちらも模型誌にも掲載されたことのある、てつ氏がペーパースクラッチされた近鉄ビスタC編成。


 続いてPart 2はプチ集合&飯田線電機編へ。


Part 1 (本線走行編)Part 2 (プチ集合&飯田線電機編)へPart 3 (お題(事業車・職用車etc.)編)へPart 4 (飯田線他旧国編)へ

Homeへ