常悦線訪問記(09/10/10)

 一年ぶりにSaka-jさんが建設中の武蔵野鉄道「常悦線」にお邪魔してきました。

 一年間でのシーナリーの進展にも感動です。昨年はまだプラスターもかかっていなかった奥の部分もしっかり植樹が始まっていました。

 また前回は走行させていただける車輌がありませんでしたが、今回は、この夏に改造したEF58の上越形と旧作のキヤ191を改軌したものを持参して、走らさせていただきました。

 更に今回は、はなわ氏と蒲田工場長氏とも初めてご一緒させていただき、いろいろな作品を見せていただいたり、お話を聞かせていただいたりで、いつもながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

 常悦線南三条駅。

 長編成の車輌も加わり、ホームの延長工事も施工中?

 かっこいい跨線橋も加わってホームがしまります。

 今回持ち込んだSaka-jさん改軌-当社改造のEF58上越形。

 ちょっとパンタが高く上がりすぎ気味で、一カ所架線柱に引っかかってしまい、実際の走行はパンタを下げておこないましたが、撮影時はパンタを上げて...。

 こちらは20系を牽かせてもらったところ。"北陸"のイメージです

 更にEF16との重連走行も...。

 上越形ゴハチのイメージを満喫させていただきました。

 ちなみにこの場所、昨年伺ったときにはまだプラスターがかかっていない唯一の場所でしたが、一年でしっかり形になっています。

 画質が良くないですが、旧客を牽くゴハチとキハ58系の立体交差。

 こちらは旧作のキヤ191系

 ちなみにこれが当社として初のJM改軌車輌です。ENDOの13mm用MPギヤと車軸などパーツさえ揃えられれば、予想以上に簡単に改軌できることが確認できました。後はパーツがいつでも入手できるようなら、当社のJM車輌も増えるかも...です。

 今回、持ち込んだ当初は少々トラブルもありましたが、その場で修正して無事走行させていただき、駅はずれの留置線に常駐させていただくことに...。秋田にいた2号編成なら地域的にもGOODなんでしょうが、2号編成は窓が一段窓になっていて、私のものとちょっと形状が異なります。これは3号のナンバーを振ってますから、名古屋にいたのが遠征したというイメージでしょうか。

 こちらは、はなわ氏のボックス動輪をはいた8620。

 この動輪、1/87の12mmのC57用を改軌されたのだそうですが、走りもすばらしいものでした。

 蒲田工場長氏が改軌された、TOMIXのEF641001とEF81レインボー。右端はMUSASHINOさんのEF81です。

 EF641001が牽く12系。牽引力、走行性能も抜群でした。

 上の写真でもちらりと写ってましたが、こちらも蒲田工場長氏が改軌された天の103系。3Mで重量感のある走りでした。

 同じく蒲田工場長氏の改軌された天のキハ11。

 これもこの一年の間に整備された駅の外れにある機関庫に入るディーゼル機2輛。人形も効果的に配置されています。

 またこのレール面に近い角度から見るとJMの線路幅、実感的ですね。

 最後になりましたが、オーナーのSaka-jさんならびに(お会いできませんでしたが)その奥様には本当にお世話になり、ありがとうございました。m(_ _)m

Homeへ