いさみや忘年運転会(08/12/6)

 12月6日にいさみやで開催された、16banML主催の忘年運転会の様子です。

 今回は16banMLの10周年記念も兼ねた運転会で、一応お題は「宝物」でした。

 1時間ほど遅れての参加となりましたが、10名を超える方が参加され、ヤードも満杯となっていました。ストロボ撮影も多く画像も良くないですが、運転会レポートです。

 まずはヤードに留置されていた、北海道型キハ54など3連。到着したときには既に走行した後だったようで、走ってる姿は見ることができませんでした。

 ブラスキットを組んだ北海道型のキハ24。りきさんの作です。

 てつさん作のペーパー製キハ30。

 同じくてつさん作のペーパー製ビスタIIもお披露目でした。

 光線の具合も有り写真写りはいまいちですが、すばらしい出来で、軽快に走っていました。

 こちらは東ウラさんの211系。東北・高崎線の2階建てグリーン入りです。

 今回幹事してくださったおなさんの、485系あいづ。

 いしかわさんの(?)51系客車などをつないだ編成。少し前まで北海道でよく見られたような編成です。

 こちらはおがわさんのEF58旧型が牽くスハ43系などを中心として、一等寝台や二等車を入れた急行編成。かっこいいです。

 10周年記念ということで、おのづかさんが持ってこられたC10の重連が牽く20系。

 永鉄さんのレインボー塗装のEF65が牽く、24系ブルトレ。

 客車は有井のプラ製で、改造中の車両も含んでいます。

 KATOの12系から改造途中のサロンカー。完成が楽しみです。

 EF64-1000とEF65-0の重連が牽く、2軸車を中心とする貨物列車。

 こちらはEF65試験塗装車が牽く貨物列車。

 JRF塗装のEF64-1000と試験塗装のEF65の重連が頭についたコキ104の編成。

 私が持っていったEH500の牽くコキ50000系15輛。カマの方はまだナンバーなど貼っただけですが、購入後初めての運転です。

 これもこの春に購入後初めての運転となる、天ぷらの79615です。こちらはナンバー貼付け後、軽くウェザリングもすませています。ただ石炭はオリジナルのモールドのままで、いまいちなので後で石炭を積み直す予定です。

 かなり軽量のカマですが、プラ貨車13輛+エンドウのブリキ貨車1輛を牽き、スリップはしましたが無事いさみや坂を登坂できました。

 先ほどと同じ編成ですが、久しぶりに走らせたダイキャストのカンタムD51は余裕の走行です。

 こちらはやなぎさわさんの79615。バックマン-天のオハ61+オハフ61の2連を牽きます。この程度なら余裕の走りです。

 どちらもやなぎさわさんの79615と標準的な本州型9600の重連です。

 他にも、EH200牽引のタキ編成など、何編成かあったのですが、写真取り損ねました。m(__)m

 最後になりましたが、幹事のお世話をしてくださったおなさん、有り難うございました。

Homeへ