☆音読みと訓読みが同じ漢字☆

偶然にも1つの漢字について音読みと訓読み(漢字の部分)が一致してしまうという珍しい例です(^_^;)

訓読みに関しては、(送り仮名を除いた)漢字本体の読みが1字…というのが普通ですが、
”、“”のように見事に2文字以上が一致する例もあります!

常用外漢字は主にこれからですが、やはりなかなか見つかりませんし、発展性もありません(^_^;)

音読みと訓読みが同じ漢字

漢字

音読み

訓読み

ひとこと

1

い(やす)

訓読みは常用外です

2

か(す)

サ行五段活用(元々がサ行変格活用だと訓読みにはならないのかな??)

3

し(ぬ)

おそらく“死ぬ”の“し”は訓読み、“死す“の“シ”は音読みです…

4

か(ける)

か(かる)も同様

5

か(わる)

訓読みは常用外、“か(える)”も同様 “化す”の“カ”は音読み

6

さ(す)

 

7

さ(す)

訓読みは常用外、“閉じる”意味

8

シャク

しゃく(う)

馴染み薄いけれど2文字(3文字)の一致はすごい!!“しゃく(る)”も同様

9

し(る)

音読みも訓読みも常用外、“識語(シゴ・シキゴ)”“黙識(モクシ・モクシキ)”など

10

タチ 

たち

音読みは常用外だけどきれい!!先達(センダツ・センダチ)など

11

ふ(せる)

俯角(フカク)など

惜しい例

カン

かんが(える)惜しい!…

カン

かんむり かむ(る)

シン

信じるの“シン”は音読み

他サ変動詞多数

トップへ