フォレストセフレの木
タイトル画像

セフレ セフレ セフレ
フォレストセフレの木
照葉樹林
照葉樹林(しょうようじゅりん、laurel forest)とは、森林の群系の一種で、温帯に成立する常緑広葉樹林の一つの型を指す。構成樹種に葉の表面の照りが強い樹木が多いのでその名がある。
成立条件
熱帯の多雨地帯では、当然ながら常緑広葉樹林が成立し、熱帯雨林と呼ばれる。温帯では、冬季の寒さが厳しい地域では、樹木は冬を落葉によってしのぐが、寒さがそれほど厳しくない(最寒月平均気温が5℃以上)地域では葉を落とさず、そのまま次の年も使う事になるので、常緑広葉樹林が成立する。しかしながら、葉を冬も維持し続けるために、寒さに対する対策として、熱帯多雨林のものより、葉が小さく、厚くなる傾向がある。
このような温帯常緑広葉樹林には2つのタイプがあり、一つは地中海地方に見られる硬葉樹林である。夏期に雨が少ないため、葉を堅くしてそれに対応した樹木(有用樹種としてはコルクガシ・オリーブ・イナゴマメなど)からなる森林である。現在は、自然植生としてはほとんど残っていない。
温帯常緑広葉樹林のもう一方が、照葉樹林である。夏期に多雨の暖温帯に成立し、葉は硬葉樹より大きく、表面のクチクラが発達して光って見えることからその名がある。元来は中国南西部から日本列島にかけて広く分布しており、概ねフォッサマグナ以西の西日本の山地帯以下、関東地方南部の低地 - 低山帯、北陸地方・東日本の低地、東北地方の海岸部(特に日本海側)は、本来この種の森林に覆われていたと思われる。ただし、照葉樹林を形成する樹木種のうちには落葉広葉樹もある。また、モミ・ツガ・イヌマキ・ナギなどの裸子植物も混入することが珍しくない。
なお、大西洋周辺では、照葉樹林は氷河の影響でヨーロッパから後退し、マデイラ島[1]、アゾレス諸島、カナリア諸島[2]などマカロネシア島嶼区、アトラト山脈北稜(モロッコ、アルジェリア)にわずかに残るに過ぎない。
日本列島における照葉樹林
照葉樹林の特徴として、スギ林等の針葉樹林よりも酸性雨に強いこと、林内の湿度が高く、落葉期が集中しないため山火事に耐性があること、針葉樹などと比べ比較的根が深いため水源涵養林として適性が高いなどの利点をあげることができる。実際、森への降水が流域幹川に流れ出すスピードは、針葉樹林に比べ緩慢であり、照葉樹林を後背林として持つ河水が濁ることも少ない[要出典]。また、魚つき林として、河口付近の漁獲確保にも欠かせない存在である。
構成
植物社会学における植生の区分ではヤブツバキクラスと呼ばれる。構成樹種として重要なものはシイ、カシ類である。他に、クスノキ科のタブノキやカゴノキ、ホルトノキ科のホルトノキ、モチノキ科のモチノキやクロガネモチその他多様な樹木が出現しており、特に高木層の種数は落葉樹林よりも多い。これらの樹木は樹冠が傘のように丸く盛り上がるのも特徴の一つである。本州南部以南では、森林内にテイカカズラ、ビナンカズラなどの蔓植物も多い。
一方、林冠が密であり、森林内は落葉樹林と比較して暗くなるので、陽樹や好光性植物は定着が困難である。このため林床に適応する種子植物は限られる。そうした中、オオカグマ、マメヅタなどのシダ植物の繁茂は特筆すべきで、特に谷間では多数の種が出現する。低木層、草本層の種子植物では、ヤブコウジやマンリョウ、ラン科植物などの植生も特徴的だが、これらは近年の園芸ブームにより、各地で盗掘が相次いでいる。